So-net無料ブログ作成

autumnal air in snowbelt [touren]

kanetsu expressway-------
r352-------


autumnal air in snowbelt.jpg


iide-hinoemata line-------
r401-------
r289-------
r252-------
kanetsu expressway-------

727.1km

nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 4

M郎

私も先日、日帰りでしたが、初めて小出ー奥只見ー日光を走りました。
奥只見湖周辺の洗い越しには感動しました。
が、車高の低いB3よりもジムニーあたりで走ったほうが良いのでは?
by M郎 (2013-09-27 18:43) 

wata

相変わらず無茶な走りをされているようで何よりです。
M郎さんのコメントも併せて拝見し、奥只見の洗い越しを喜んで走るALPINAオーナーが少なくとも3人いることが判明し、ほくそ笑みを禁じ得ませんでした(笑)。
果てしない山道のR352でせっかく福島県まで来たのに、R252/六十里越ルートでまた新潟県/小出まで戻ってしまうとは素晴らしすぎます。
しかしながら、この壮大な周遊ドライブをポジティブに理解してくれる人が、世の中に果たしてどれぐらいいるのでしょうか?(汗)

by wata (2013-09-27 23:05) 

suite-spiral

M郎さん、こんにちは。

いつも普通に北関東touringに出張って来られる、そんな素敵なM郎さん
ですが、洗い越しも経験済みとは流石です。

以前、M郎さんは、どちらかというとセンターラインがあるrouteを好まれて
いたはずですが、いつの間にかGTにも林道likeなrouteにも開眼されてし
まったのですね。謹んでお慶び申し上げます(笑)

確かにジムニーの方があのようにタフなrouteには向いていますが、
車高が高くボクシーなジムニーでは、ヨー・コントロールが難しく、崖下へ
のダイブのリスクが高まってしまうのではないかと危惧しております。

・・・ゆっくり流せばいいのでしょうが、つい車窓の景色を流したくなるもの
ですから(笑)

by suite-spiral (2013-09-28 21:15) 

suite-spiral

wataさん、こんにちは。

仰るように、one day drive としては無茶なroute選択かも知れませんが、
wataさんのGTのほんの数分の1の距離ですから(笑)

R252で小出側に戻ったのは、2年前に皆さんと訪れた八十里庵を再訪した
かったことが理由の1つです。それに、あの時はヘビーウェットのコンディション
下で、ウェットにやや弱いRE-11を履かせたH330でwataさんやMTさんの
997 carrera s のテールを追い駆けるのに必死でroute自体の記憶が薄かったもの
ですから、もう一度ドライコンディションで駆けたかったのです。
・・・こんなrouteだったのかと、新たな発見がいくつもありましたよ(笑)

このroute選択をポジティブに捉えてくれる方ですか・・・。実はR352でゴリラや
モンキー、80ccの2スト・レーサーレプリカたちの5名の集団をパスさせて頂いた
のですが、4輪での走破よりも遙かにadventureなtouringに挑む、あの将来を
嘱望される20代のライダーたちをカウントに入れれば、そうですね、全国規模だと
現存するB8のオーナー数ぐらいにはなるかと思います。

いずれにしても、E36/E46 ALPINAオーナーが多くを占める気がしますが(笑)

by suite-spiral (2013-09-28 21:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0